教室間比較の案内



ご覧頂いている教室以外の比較記事へのリンクはPCでご覧になっている方はサイト右側にある比較表を、

スマホでご覧になっている方はこちらをクリックしてみてください。

カルド-CALDO- ゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ) 教室間比較

ホットヨガカルドとゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)の徹底比較!どちらの評判が良く通うべき?

更新日:

カルドとゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)の徹底比較!

ホットヨガ業界最大手はLAVAですが、

他にも良いホットヨガ教室はたくさんあります。

カルドもゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)もその一つです。

今回はカルドとゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)について徹底的に比較してみます。

どこに行くか悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

カルドとゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)の最大の違いは?それぞれの特徴は?

ホットヨガの画像

カルドにもゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)にもそれぞれ良い面がたくさんあります。

それぞれどのような特徴があるのでしょうか?比較してみましょう!

 

まず、カルドはレッスンの事前予約が不要になっています。

ゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)や他の教室は完全予約制なので珍しいですね。

スケジュールが直前までわからない多忙な人にはカルドのシステムは良いですね。

 

そして、カルドはホットヨガを多数の種類行っていますが、

ゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)はビクラムヨガだけを行っています。

(追記:ビクラムヨガはゼンプレイスに名前が変わりましたが、基本は今までどおりビクラムヨガ中心です)

 

室内温度も両者に違いがあり、カルドは35〜40度の室温、

ビクラムヨガは世界共通の40度で行います。

また、カルドや他の教室は1レッスンが60分なのに対して、

ビクラムヨガは世界共通で90分行うことになっています。

 

インストラクターの質は、ゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)が良いと言われています。

カルドはインストラクターの評判はあまり良くありません。

普通のホットヨガはインストラクターのポーズを真似するのですが、

ゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)はインストラクターの声を聞いてポーズをします。

ホットヨガの種類についての記事を読んでみる!

 

衛生面に関しては、カルドは銀イオンスチームで加湿することで、

清潔感を保っています。室内の衛生面はOKです。

しかしレンタルタオルが臭うなどの声もあります。

一方のゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)は、衛生面がNGという声が多いです。

潔癖な人はカルドの方が良いかも知れません。

 

他にも様々な特徴などをまとめた記事がありますので、

そちらも是非ご覧いただければと思います

 

カルドとゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)の料金に比較!どちらが安い?

カルドとゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)は料金面ではどのように違うのでしょうか?

カルドは業界内でも安いことで定評ですが、ゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)はどうでしょうか?

 

立地条件が近い、新宿店で比較してみましょう!

 

まず、「月4回通えるプラン」についてですが、

カルドが7560円|ゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)が8750円

となっており、カルドが2割ほど安いです。

 

次に、「1店舗通い放題プラン」ですが、

カルドが10260円|ゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)が13703円

となっており、こちらは3割近くカルドが安いです。

 

カルドの方が安いのですが、インストラクターの質でいうとゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)で、

両者良い面があるので悩みますね。

単純に料金面だけで比較すると圧倒的にカルドがお得です。

 

また、カルドにはお得なキャンペーンがあります。

利用して入会すると非常にお得なのでおすすめです。

以下の記事にキャンペーンについて詳細を書いていますので、

そちらも是非ご覧いただければと思います。

 

カルドとゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)のレッスン内容や効果は?

ホットヨガの画像

カルドとゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)、レッスン内容はどのように違うのでしょうか?

また、効果はどちらの方が大きいのでしょうか?

 

レッスン内容に関しては、カルドの方が多種類のレッスンをやっているので、

充実していると言えるでしょう。

しかし、あまりインストラクターの評判がイマイチだったりするのがデメリットでしょうか。

 

ゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)は、ビクラムヨガという種類のヨガだけを行う教室です。

(追記:ビクラムヨガがゼンプレイスになりましたが、今までどおりビクラムヨガ中心です)

普通のホットヨガよりも高温の状態で行うため、効果はとても高いです。

ビクラムヨガの動き自体も他のヨガに比べて強度が高いです。

そして、ゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)のインストラクターは質が高いと評判です。

カルドとゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)が同一の強度のレッスンがあったとしたら、

ゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)の方がインストラクターがしっかり教えてくれるため効果があるでしょう。

 

ホットヨガをして汗を流したり色々な種類を楽しみながらスリムになりたいならカルド、

アスリートのように鍛える感じが好きならばゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)という感じでしょうか。

 

カルドとゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)はどちらが通いやすい?

では、カルドとゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)はどちらが通いやすいでしょうか?

家のお近くにあればそちらが通いやすいとは思いますが、

今回は都心部と地方都市で比較してみたいと思います。

 

まず、都心部ですが、山手線駅徒歩圏に、

カルドが8店舗、ゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)は2店舗となっています。

都心部で通うならカルドの方が通いやすいと言えます。

 

一方で地方都市の場合は、カルドはほぼ2都道府県に1店舗ありますが、

ゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)は東京と大阪・京都の都会にしかありません。

よって、地方都市でもカルドの方が通いやすいと言えるでしょう。

ただし、カルドも地方に店舗が多いとはいえ、

東北に1店舗、中国四国に2店舗と、そこまで地方でも通いやすいとは言えません。

 

カルドとゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)ならどちらがおすすめなの?

料金が安く通いやすいカルドと、効果が高いゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)、

それぞれ良い面がありますが、どちらに通うべきなのでしょうか?

 

まずはカルドですが、

カルド

・とにかくレッスン料が安い方が良い人

・予約制だと不便だと感じる人

・衛生面がしっかりしていた方が良い人

・地方に住んでいる人

がおすすめでしょう。

 

一方のゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)ですが、

ゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ)

・ハードなレッスンで鍛えたい人

・世界共通のビクラムヨガが好きな人

・いち早く効果を出したい人

がおすすめだと思います。

 

両者について詳細に書いた記事がありますので、

以下の記事も是非ご覧ください。

LAVA
おすすめスタジオランキングバナー

-カルド-CALDO-, ゼンプレイスビクラムプラス(旧ビクラムヨガ), 教室間比較
-, ,

Copyright© ホットヨガおすすめブログ , 2019 All Rights Reserved.